鼻のことでノーズシークレットを知りました

私は小学校低学年頃まで「ちょっと残念な顔」をしていたと思います。誰からも言われませんでしたが、周りの大人達もそう思っていたような 感じでした。色黒で目はぼんやりしていて、鼻は低く広がっていました。 今アルバムを見返しても、生まれて直ぐの顔や赤ちゃんの頃の顔も、「赤ちゃんらしい」と言えばそうなのですが、決して「可愛らしい赤ちゃん」 には程遠い顔をしていました。

その一方で私の一つ上の兄は小さい頃、色白で目はパッチリ二重、鼻はスッと高くお人形さんのような男の子でした。
時々父親が無神経にも「反対だったら良かったのにな」と言っていたのを覚えています。 なので小学校3、4年生にもなれば自分の顔を自覚するようになるので、目を大きく開いてみたり、鼻を寝る前にお布団の中で引っぱったりしていました。
でも、小学校高学年ぐらいから急に色白になり、目もパッチリ、鼻も高くはないけど細くなりました。「小さい頃の顔は当てにならない」と言いますが、
それは事実です。確かに小さい頃の写真の自分と大きくなってからの写真の自分は同一人物に間違いはないのですが、不細工感が無くなりました。

なので小学校高学年ぐらいからは自分の容姿にそう悩む事も無くなったのです。
でも、結婚した主人は今でも、と言うか、大人になった時点でも鼻は低く横に大きく広がっています。男の人だからまだ許せるのかもしれませんが…。
付き合っている頃から主人の鼻は気にはなっていましたが、鼻だけで相手を選別する人もいないと思います。
なので結婚したのですが、産まれてきた娘がなにもかも主人にそっくりなのです。勿論鼻もそっくりです。

私の前例があるのだから娘も成長と共に変わるかもしれませんが、私の父親も母親も鼻は普通です。そこの条件が違っていると思うのです。
「男の人は顔ではない」と言いますし、確かにそうだと思います。それに鼻が低くても横に広がっていても可愛らしい子もいるにはいます。でも、やっぱり確率的には鼻はある程度高く、ある程度こじんまりしている方が可愛くなるのは事実だと思うのです。

「女の子はやっぱり容姿が重要になってくるからな~」と不安を抱きながらも日々娘の成長を見守っています。

ある日インターネットで見つけたのがノーズシークレットだったんです。
解決策になってないかもしれません。だって一時的に鼻を高く見せることが出来るだけですから、スッピンからメイクをするようなものでしょう。
それでもいいのではないでしょうか。ノーズシークレットを使うことで、前向きになれたり楽しみが増えるのであれば。

日々の忙しさの中で、考えることが山積みです。

ノーズシークレットがおすすめできない人もいます

確かにうまく活用できれば、高い鼻が実現できるのは確かでしょうけど、長時間つけっぱなしにするものではないことはいろんなブログでも書かれています。

ということは、普段の生活でつけるものではなく、一時的、例えば、コスプレでどうしても高い鼻にしたい、写真撮影で少しでも盛りたい、そういう場面で活躍してくれるアイテムだということです。
だから、絶対これはおすすめだから買いましょうとはいえないんですね。そういう用途を理解した上でも欲しいと思うなら買えばいいでしょうし、そうでないなら、やめておいたほうが懸命だと思うんです。

ノーズシークレット実際の画像

最後になりましたが、サイズは3種類ありますが、店舗によっては一番大きいのは売ってない場合もあります。
日本人にはどれが合うかとかを参考にするのではなく、自分自身にどれが合うかは十分に考慮してから買うべきです。
もちろん、ノーズシークレット表記上のサイズが当てにならないケースもありえることは考えておかないといけないでしょう。